試験本番中に焦った!! プチ集中力アップをしてみましょう

●他人が自分よりはるかに進んでいるようにみえる。

●他人が鉛筆でカリカリ書いて解答している。

●自分はちっとも筆が進んでおらず焦っている。

●ウソでもいいから何か書きたい。

完全に集中力を失っていますね。
私も学生時代はこのようなことを何度も経験しました。

 

そんな時どうすればよいでしょうか?

自分で集中力をコントロールできたら、どんなに素晴らしいことか
想像するとワクワクしてきます。

 

ここでプチ集中力アップをしてみましょう。

 

まずできるだけ簡単なこと明確に決めてください。

本を読むでも、簡単な計算をするでも、
今でしたらこのホームページを読むでも構いません。

そして30秒間それをやってください。

どんなに焦っていても、腹が立つ気分でも、
移動販売車がうるさくても
30秒間意識してやってみてください。

試験中でしたら、
ためしにプリントの文字のインクが
どうにじんでいるかじっと見てみてください。

 

できましたでしょうか?
30秒は長いですね。

 

できた人は本書でさらに集中力をアップし深い集中力が期待できますし
できなかった人でも基本から学んでいきますので

これ以上
他の集中力アップノウハウやツール、グッズなどに
惑わされることはなくなります。

 

トレーニングCDやDVD、脳トレなどは
人の感情や心理を考慮していません。

 

集中力を高める音楽などは
人それぞれ好みのジャンルが違います。

あなたの好きな音楽が集中力を高めます。

音楽に限らず私たちは様々なリズムに乗って生きています。
その時の気分や、ノリ、感情によってあてはまるリズムは違います。
本編ではリズムと集中力についても分かりやすくご説明しております。

 

感情が落ち着かないまま行動をしたのでは、結果はでません。

感情的におさまらないと、
建設的な思考を組み立てて集中して行動することすらできません。

 

ガンの恐怖を乗り越えた私が
集中できない心理をも含めてご説明いたします。
(ガンについては自己紹介のページをご参照ください)

 

実際にはもっとたくさんのシチュエーションがあり
集中を妨げる多くのものがあるので
すべてこのプチ集中力アップで対応できるわけではありませんが

このプチ集中力アップが大原則になり
多くのケースに対応できる内容を盛り込み、
理論的に分かりやすくご説明しております。

 

ギュウ~ッと強烈なまでに

集中力をアップして勉強や仕事をこなし

充実した人生を送りませんか?

 

 

教材「ハイブリッド集中力」はこちら↓
http://hybrid-syuchu.com/kyouzai/